・SUPERSPRINT / ヒストリー
・NEWS / 新製品
・MAGAZIN / イベント・雑誌
・STREET SYSTEMS
・RACING SYSTEMS
・POWER GRAPH / VIDEO
・METAL CATALYTIC
・TAIL END / テールエンド形状
・PHOTO ALBUM / 装着画像
・DEMO CAR / デモカー
・PROJECT CAR / プロジェクト
・ACCESSORIE / アクセサリー
・eマーク / EU指令/ 車検項目
・TECHNICAL / テクニカル
・INFORMATION / 問い合わせ
・LINK / リンク
・BLOG / ブログ
当サイトは日本語のみです。

・EU指令-EEC検査機関

TECHNICAL
Free Flow Silencer System
高い消音効果とスムーズな排気を両立させるために開発されたフリーフローシステム
1) Precision finished joints and perfectly positioned brackets, for easy mounting and a flawless fit.
(取付部分は、確実に取付車種に対応しています。)

2) Heavy duty, stainless steel inlet tube, 1,5 mm thick.
(差込部分は1.5mm厚になっています。)


3) Long lasting sound absorbing materials
(Rock wool, with stainless steel wool wrap around silencer cores).
(永続的に使用できるように、ステンレスウールの周りにはロックウールがまかれインナーパイプの周りには
ロックウールが飛ばないようにステンレスウールがまかれています。)
※ロックウールは耐久性を考え、何年もかけて独自に開発したものを使用しています。他のメーカーで使用している
 一般的なロックウールとは異なります。


4) Free-flow silencer design, smooth-gas flow y-shape inner tube.
(排気効率・消音効果をたかめるためのフリーフローシステム)

5) Stainless steel silencer box.

6) Stainless steel inner perforated tubes.

7) Stainless steel, chrome plated tail pipes, with inward rolled edge,
chosen from over 30 different styles of design and shape, suited to each car model.
(テールエンドは、クローム・ステンレスを使用し、30種類以上のテールエンドデザインがあります。)

8) Stainless steel silencer endcaps.

※純正マフラーの多くは、多段式による排気システムを取っております。これによって排気音を消音させることはできるのですが、
曲がりくねったパイプを通ることにより排気はスムーズに行なうことができません。この点を解消したのがフリーフローシステム
になります。フリーフローパイプ内を通り抜けるときのそれぞれの波動がマフラー内の排気ガスの動きに効果的に作用しより
低い排圧が得られる構造になります。排気を如何にスムーズに行うことにより車、本来の性能を引き伸ばす構造です。

Split Inlet Pipe System 
低い周波数の音を低減するために開発された”スプリットインレット”パイプ
低い周波数の音(こもり音)を解消するために吸気側のパイプを分岐(A部分)しバックプレッシャーと音の吸収と抵抗を抑えること
ができるパイプ構造を開発しました。これにより滑らかな走りと快適な乗り心地をさらに体感できます。
画像:BMW E60 画像:ALFA147


スプリットインレットパイプは以下の車種に採用されています。
ALFA 147
AUDI S8
BMW E39 M5
BMW E60/E61
BMW E65/E66
BMW E60 M5
BMW E63 M6
BMW E82 135
MB W202/W208
MB W203/W209

Power Loop Silencer System 特許登録サイレンサー
高い消音効果とスムーズな排気を両立させるために開発された”パワーループサイレンサー”
サイレンサー構造の多くは以下に紹介しております、フリーフローシステム構造で製造されていますが、車種によっては
純正サイレンサーの構造・寸法によってフリーフローシステム構造が使用できない場合があり、その際に新しく開発された
”Powwer Loop パワーループ”構造を採用しています。フリーフローシステムもパワーループ構造もバックプレーシャを低減
する構造になりますが、パワーループ構造はより、こもり音もなくし排気効率をスムーズしトルクを安定させる事ができます。

パワーループサイレンサーは以下の車種設定に採用されています。
BMW Z4 M COUPE/ROADSTER
BMW Z4 ROADSTER
BMW E87 116/120
BMW E87 130
PORSCHE 986/987
PORSCHE CYAMAN S
VW GOLF5 R32
AUDI A3 3.2 3Dr/5Dr
ALFA 147GTA
MB R170

Shape Silencer System
サイレンサーのデザインにも妥協をゆるさない”シェープサイレンサー”
サイレンサー形状は、前後の形状が同じの、だ円形のサイレンサーが一般的ですが、スーパースプリントでは、車種によってはこの一般的
なサイレンサー形状でマフラーを取り付けると、サイレンサーが低く吊り下がり、見た目に格好がわるいという拘りから、特殊なサイレンサー
形状を考えました。テールエンド側を細めて、横から見たときに、直角三角形のような形状になるシェープサイレンサーを開発しました。
この形状によって、できるだけサイレンサー部分が隠れ、テールエンドを強調することできます。また、この形状によって、空気抵抗を少なし
マフラー廻りの乱流を排除することもできます。
(多くのマフラーメーカーは、一般的なサイレンサーボックスを流用して、中身だけ変更するということが大半ですが、スーパースプリントは
サイレンサーボックスまでこだわって製造しています。) ※画像はMB W211とVW GOLF5 VARIANT になります。

シェープサイレンサーは以下の車種用に採用されています。
ALFA147_159_BRERA_MiTO
ABARTH GRANDE PUNTO
MB W211_W221_R230_R171
MASERATI GRANSPORT
VW GOLF5 VARIANT 2.0TSI _ JETTA5 2.0T/TSI_PASSAT 3C R36/3.2

Horizontal Silencer System
サイレンサーボックスの厚みを薄くし水平に大きくすることで低い排圧を実現した”ホリゾンタルサイレンサー”
常は以下にて紹介しております、フリーフローシステム構造でリアマフラーのサイレンサー(タイコ部分)は製造されていますが、
車種によっては純正サイレンサーの構造・寸法によってフリーフローシステム構造が使用できない場合があり、その際に新しく開発
されたサイレンサーの厚みを薄くしその変わりに水平方向にサイレンサーを大きくした構造を開発しました。サイレンサー内はY字
構造になっており、中心のメインパイプで集合しています。
フリーフローシステムと同様にバックプレーシャを低減させることで、こもり音もなくし排気効率をスムーズにし、トルクを安定させる
事ができます。また、マフラー装着後にサイレンサーが薄いため、サイレンサーが目立つことなくテールエンドがスマートに強調されます。

ホリゾンタルサイレンサーを以下の車種で左右出しマフラーとして採用されています。
VW GOLF5 FSI
VW GOLF5 GTi
AUDI A3 1.6/2.0FSI
AUDI A3 2.0TURBO FSI SPORTBACK

Manifolds / Headers
最先端の三次元CADから生産される等長エキゾーストマニホールド
1) CNC machined head flanges, heavy duty 7 to 12 mm thick steel, heat distortion resistant
(マニホールドヘッド゙部分を7mmから12mmにすることで熱によるゆがみを保護しています。)

2) Stainless steel tubes (for Cat. equipped models), or chrome plated, heavy duty steel tubes,
1,5 mm wall thickness, mandrel bent with CNC bending machines.
(チューブ部分は、1.5mm厚のステンレスまたは、スチールを使用しています。)

3) Head tubes perfectly mated to the engine exhaust ports for smooth gas flow.
Length and diameter are tuned to engine displacement and powerband characteristics.
(効率よくガスが抜けるようにヘッドチューブが交差しています。各車の特質をいかしてチューブの
長さ・径はチューニングしています。)


4) Joints between tubes are hand welded.
(チューブとチューブの間の細かい個所は手作業になります。)

5) Slide-on type connections are machined to perfect tolerances for leak proof fitting
(差込タイプによる成型の場合、完全にガス漏れを塞いだ構造になります。).

6) Brackets are positioned to fit exactly the original mounting points.
(マニホールドを取り付ける車種のブラケット部分に確実にフィットします。)

7) An oxygen sensor is retained, where present in the OEM exhaust (no modification is
needed to the engine management system).
(マニホールド取付車種のオーツーセンサーは維持して取付ができます。)

8) CNC precision machined joint flange, for perfect fit to the OEM cat., or front silencer
(マニホールドのフロントマフラー側の取付部分は、取付車種の純正触媒に確実にフィットします。)

Quality/Material
●ステンレス材質 - SUS304 (Steel Use Stainless304)
クロムニッケル系ステンレス鋼

SUSU304の原材料:Cr18%-Ni8%
SUS304は、Ni系ステンレス(オーステナイト系)の中でももっとも耐食率が低く、その上に他の金属に比べて伸びが大きく、
引張り強さが高い性質があります。



●ステンレス材質 - SUH409 (Steel Use Heat Resisting409)
クロム系ステンレス鋼


●アルミナイズドスチール材質 - Fe-Al合金
アルミナイズドスチールは耐食性、耐熱性、熱反射性に優れています。
アルミナイズドスチールとは、溶融アルミニウム浴中にアルミニウム被膜しようとする鋼材を浸漬し、
その表面にアルミニウムコーティングをした物。
このアルミナイズドスチールは耐食性、耐熱性、熱反射性に優れています。